HOME | ZEH・ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス支援事業

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギーハウス)とは

ゼロ・エネルギーハウスとは、太陽光などで創り出すエネルギー量が、家庭で消費するエネルギー量を上回ることで、ひとつの住宅の年間のエネルギー消費量(一次エネルギー換算)を正味(ネット)でゼロ以下 にする住まいのことです。

*一次エネルギーとは、自然界に存在している形そのままのエネルギー源のこと。これに対して、電気・ガソリン・都市ガスなど、生活の中で使いやすい形に加工したものを二次エネルギーといいます。
 

 
 

2020年までに標準的な新築住宅で、2030年までに新築住宅の平均での実現が目標とされているゼロ・エネルギーハウス。デザインスクエア・アンでは、断熱性の高い住まいをベースに、高効率エアコンやLED照明などの省エネシステム、太陽光発電をはじめとする創エネシステムと、それらをコントロールするHEMSを活用することで、先進的なゼロ・エネルギーハウスを実現します。

デザインスクエア・アン
ネット・ゼロ・エネルギーハウス(ZEH)の普及目標と実績

  デザインスクエア・アンは、一般社団法人 環境共創イニシアチブ(略称SII)に登録されている“ZEHビルダー”です。 2020年度までに過半数の住宅をZEHとすることを目標をしています。
 
   2016年度 2017年度 2018年度 2019年度 2020年度
実績目標
(滋賀県)
0% 0% 10% 30% 50%
※実績(年間建築総数)2016年度3件、2017年度3件